つれづれつづれ2

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧




2月25日、さかのぼり

2月25日

 下の娘の通っている保育園からの依頼で、動物を何匹か連れて「ふれあい体験会」へ。


 この保育園は「いろんな職業人のお話を聞く会」というのを定期的に開いているのだが、ついでに体験もしちゃいましょう! と、特別にセッティングしていただいたのだ。


 生き物と触れ合う機会が減っていても、生き物に興味がある子どもは少なくないから、そういう体験ができる場はもっと増えてほしい。


 いざ動物を目の前にすると子どもたちは大騒ぎ。しかし、話をはじめるとちゃんと聞いてくれる。相手が大人でも子どもでも「お話ししている人のことを聞く、見る」という基本が、普段から守られているのだろう。そういえば、うちの娘たちも人の話を聞いてないように見えて、実はちゃんと聞いていたりする。


 前半は、何をしたら動物が嫌がるか、何をしたら自分がケガをするか等をひととおり説明して、後半は体験タイムに突入。子どもたちは五感で楽しんでいたようで何よりだった。


 セキュリティの関係で写真はなし。今後はこういった活動にも学生が加わってきたらいいなあ。



//////////////////////


2月23日

モノノケ堂の不思議動物蒐集品(コレクション)
f0266029_16332236.jpg



 ギャラリーの方から「土日はたくさん来られます」と聞いていたが、ほんとにギャラリー内にひしめきあうくらいの来館者が!


 初めてお会いする方や久しぶりに再開する方もいて、今後の点と点のつながりに期待があふれてしまう。


 今日は古田悟郎さんとのトークセッションの日。


 これだけの造型物を前にして、古田さんからどんな話を引き出すことができるのか相当プレッシャーだった。
f0266029_16385642.jpg


 結果的には、こちらが楽しんでいる雰囲気を伝わりやすくするにはどうしたらいいか? と考えて作ったスライドが功を奏し、
f0266029_16391017.jpg


 古田さんのお話を邪魔しない形で合いの手を入れることができた。


 うまくトークとスライドが噛み合ったセッションとなったのだ!


 古田さんに写真をお願いすると「川中君が針金みたいだから、ボクは粘土になろ〜っと」と縮こまり、まさかのフィギュア素材が再現されることに。
f0266029_16404082.jpg


「モノノケ堂の不思議動物蒐集品のふしぎ」
2.23.(日)17:00〜17:45 終了しました。
3.9.(日)17:00〜17:45
3.16.(日)17:00〜17:45
ゲスト:古田悟郎さん(海洋堂所属造形師)
聞き手:川中豪(大阪コミュニケーションアート専門学校、神戸動植物環境専門学校講師)
ギャラリーに入場している方なら、申し込み等なしで観覧していただけます。
(カフェでワンドリンクなどご注文ください)


 イベント限定発売の根付けたち、既に完売した品目もあるようで、手に入れたい方はお急ぎくださいとのこと。
f0266029_1642412.jpg



 君は「海洋堂でSHOW!?」を見たか?


 この日はKapから後輩たちが駆けつけてくれた! トークの撮影を頼もうとビデオを渡す…渡してから気付いたが、いちばん反応がよくて声の通るやつに渡してしまった(笑)。後で録画を見てみると、案の定「んふふ」「出た出た」「ヒヒィン」という声をマイクが拾っていたとか拾っていなかったとか。


 さらにもう一つ。


 モノノケ展の期間中、ギャラリーの三階では古生物イラストレーター川崎悟司さんの「川崎悟司の絶滅古生物」展が開催されている。
f0266029_1643339.jpg


 本やウェブ上ではお馴染みの川崎さんだが、氏の描いた大きいサイズの絵を目の当たりにする機会はそうそうないので、これは何としてでも見る価値ありだ。
f0266029_1656737.jpg




/////////////


2月18日

ゴー☆ジャスの地球の学び方、読了。
f0266029_16572940.jpg

今は娘たちの本になっている…!


Twitterで話題になっていたので、何気なくリプライを送ってみると…
f0266029_16471443.png

もちろん面識はないのだが、律儀なお人である。



056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-02-26 16:57 | おしらせ〜

ギャラリートーク情報 & 2月18日

f0266029_7385883.jpg

f0266029_7391284.jpg

モノノケ堂の不思議動物蒐集品(これくしょん)
2014.2.21.〜3.18.
GalleryCafe *Kirin*

古田悟郎さんとギャラリートークを行います!
f0266029_7444171.jpg

「モノノケ堂の不思議動物蒐集品のふしぎ
2.23.(日)17:00〜17:45
3.9.(日)17:00〜17:45
3.16.(日)17:00〜17:45
ゲスト:古田悟郎さん(海洋堂所属造形師)
聞き手:川中豪(大阪コミュニケーションアート専門学校、神戸動植物環境専門学校講師)
ギャラリーに入場している方なら、申し込み等なしで観覧していただけます。
(カフェでワンドリンクなどご注文ください)

本日からオープン! セッティングを手伝ってきました。
f0266029_746951.jpg

中に入っているのは、あの古代ガメ…。
(会場では、作品に手を触れないでください)

あべの経済新聞に作品展のことが掲載されています。(リンク)
f0266029_7471611.jpg



////////////////////


2月18日(火)


火曜日はKapでの授業。今年度最後の授業だった。


ここは僕にとってのいわば「古巣」で、学校ができてからの6年間をずっと張り付いて過ごした場所だ。


フリーになって色んな学校を渡り歩くようになった今でも、火曜日になるといつもの場所に戻ってきたという気分になる。さすがに10年も経つと顔ぶれが変わっているけど。


そりゃ、このブログを立ち上げたのが僕だということを知るスタッフも少ないはずだ。当時、半ば強引にスタートしたのを許してくれた職場の皆さんに今更ながら感謝…。


爬虫類に興味がある学生もない学生も、一年間お疲れさま。


一年間に何十時間も机に向かって動物の話を聞くという機会も、そうそう世の中にないだろう。



056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-02-21 07:55 | おしらせ〜

一週間前

2月7日

明日からOCAの卒業制作展“We are OCA”が始まるので、準備のため学校へ。


事前に、学校のスタッフから「今回は学生たちが主役なので、先生は前に出ないでください」と釘を刺される。


学生たちが頑張ってくれたおかげで、ひととおり準備は終了。こちらの仕事は多少のミスを指摘するくらいで済んだ。


一年での成長。短くてもできる。


学校の中にいることが多い私なんかは、一年単位で人の成長を見ることばっかりだけど、社会に出てからも成長はできるわけで、伸び代ってのは一生ものなんだな。


ほんとに出る幕のないまま、準備日を終える。
f0266029_00598.jpg



次の日から本番。2月8日&9日。

私のゼミのブースでは、変わった動物とのふれあい+会話を提供。
f0266029_011685.jpg



動物をさわっているお客さんの様子に応じてかける話題をチョイスし、短時間でブースを去ってしまうことのないように、会話を楽しんで滞在してもらおうという趣旨だ。


大盛況で、よかった。みんなよくやってくれた。


私は私で会場を見てまわる余裕があったので、他のブースをじっくり観察。


「見せたいこと」と「見せ方」のバランスを取るのは難しいことで、そもそもそんなことを考えだした時点で“ドツボ”なのかもしれないが、それでも客の前に出した時点で「ちゃんと準備したかどうか」はハッキリとわかるんだなあ。うーん、シンプル。


まあ、そのことを終わってからでも理解することが大事なのだろう。学校が行うイベントなのだから、学生が自主的にトライした結果のエラーは許されるべきだ。


控え室では、普段なかなか喋る時間が取れない事務方の皆さんと情報を交換。


立場が変われば物の見方も変わるというが、その具体的な違いについて知れたのがよかった。


それとは別にいくつか提案を上げておいたので、今後芽が出るとよいな。


表方のことも裏方のことも、積み重ねを続けていけば必ず今より良くなる。


一人一人のことについても同じだ。各自でできることを続けていこう。


写真付きの記事などはこちらで。
こういう色んな人の書いた記事が一覧できるのもオモシロイ。

f0266029_022670.jpg

写真がこれしか撮れてないけど、他のもよくできてた!



/////////////////////

今日はコイツと。差し迫ってきた!
f0266029_033574.jpg




056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-02-18 00:17 | 授業など

2月は初日から濃厚

2月1日


 在来線で人身事故が起きたらしく、新大阪に着くのが予定より遅れる。ジャパンレプタイルズショー(冬)に向けて、静岡へ。


 先日、Sさんが学校にいらした折(前回の記事を参照)、ほんとにお久しぶりだったので、Sさんを紹介していただいた張本人である冨水さんにその場で電話。


 お二人には、どちらも「突然ですいません」でした。


 Sさんから電話を戻してもらって冨水さんと静岡の話になった時、「静岡は? 今回お前来ないんだろ?」と言われるが、いえ、土曜日だけですが行きますよ、とお伝えして電話を切った。


 会場に着いたのは11時過ぎ。


 エムピージェーのブースでカバンを下ろしていると、レップジャパンの白輪さんが通りすがる。


 僕を見つけるや否や、こちらが「この間はありがとうございました!」の「こ」を言うスキも与えない超スピードで、「うんうん! 夏はiZooに遊びに来てくれてありがとね! うん、また来てよ!!」と、熱い視線でガッチリと握手。


 もう、ハイパワー&ハイスピードさに圧倒されっぱなしで、この時僕は「モノノケ展」のチラシを渡し損なってしまい、改めて後で渡しにいく…という小心者っぷりを発揮してしまう。


 エムピージェーのブースでたまに店番をしつつ、編集の江藤さんと雑談。


 電子書籍と紙媒体の話になり、江藤さんに編集人としての意見を伺う。
 …というより、僕の無責任な見解を江藤さんがニコニコ聞いてくれたという感じだ。まとまらない会話の内容を無理矢理まとめると、こんな感じ↓

「持っておけて」「読みやすい」から紙である価値がある。けれども、仮にその価値を画面で実現できたとしても、やっぱり紙とは違う部分があるはずだ。電子と紙は等価ではない。そこに何かヒントが…いやいや、そんな難しい問題ではなく、単に日本語という言語に向かないだけなのかも?

 江藤さんのすごいところは、とんでもなく聞き上手であるところなのだ。僕のこんな適当な話に、いつもちゃんと付き合ってくれる。


 13時からはステージ上で冨水さんのトークショー。前宣の場内のアナウンスで「13時からは、ビバリウムガイド・冨水明アワー!」が連呼されまくるので、そのたびに「何が行われるんじゃあ~!」とご本人も含めた全員で突っ込む。
f0266029_11392811.jpg

 「アワー」の淫靡な響きが気になって仕方がない。
 マイク一本で一時間、爬虫類の話でお客さんを魅了できるのは、この人しかいない。


 卒業生のリュウをたずねてiZooのブースへ。「プチ同窓会っす」と彼が指差す先を見ると、別の動物園で働く彼の同期の女の子も来ていた。彼女と会うのは卒業式以来だ。仕事のできる顔になった若者が、二人並んでいる。


 “仕事顔”が、もう一人いた。知らない子なので聞いてみると、なんと彼女は僕と同じ学校の出身である事が判明。もう卒業して10年以上たってはいるけど、後輩にはあまり会う機会がないので、これは嬉しい。


 お腹がすいたのでフードコーナーをブラブラしていると、Kapの卒業生のA君とばったり会う。


「カレー食う?」と聞くと「実はもうお昼食べたんですけど、付き合いますよ」とA君。フランクフルト買ってるし。彼は本当にこういう気の配り方が抜群にうまいと思う。あと関係ないけど食べ方が綺麗。


 そこにOCAの学生たちがやってきて、買い物自慢をしたりしているのだが、全然知らない顔の子が混じっている。聞いてみると千葉の専門学校の学生で、どうやらうちの学生と研修先が同じで、そこで知り合ってつながりを維持しているそう。大事なことだよね、と感心。
 そういえば、人と人とのつながりも「点」と「線」だ。


 A君と学生たちが情報交換しはじめたので、僕は冷めたカレーを平らげる。


 夏に比べると会場がゆったりしていたので、いろんな人とよく話せたし、じっくりものを見られた。頭の中の答え合わせをする間もなく、新しい事が入ってくる。みんな何かしら企んでいるみたいで、これからどうなるのか期待が膨らみまくる。


 イベントは18時までだが、17時ごろにはエムピージェーのブースにお礼を告げて会場を後にする。使える時間は人それぞれ違うから仕方ないー…と言い聞かせ、後ろ髪を引き戻す作業。


 帰る時間と方向が同じだったので、さきほどのA君をつかまえて一緒に新幹線に乗る。


 A君は関西圏では有名な総合ペットショップで働いている。彼は、総合ショップの持つ強みを生かしたいと考えていて、爬虫類のイベントにもよく顔を出している。それと、学校にちょくちょく遊びにきては後輩の面倒を見たりもしている。彼の同期のK君も同じような感じだ。


 イベントと言えば、A君は4年前の「ぶりくら感謝祭」を訪れ、その流れで翌年Kapに入学している。そこからの「今」だ。月並みな言い方ながら、縁とは不思議なものだと思う。


 来年どうしたいか、10年先はどうしたいかの話をした。何のために働くのか、何のためにお金を貯めるのか、使うのか。ほどなくして現実的な話に飽きたので、途中から二人でモンハンして遊ぶ。新大阪駅にて、解散。




2月2日


 朝から、下の娘に「父ちゃん、新しいプリキュア始まるよ!」と起こされる。


 娘に付き合って観ていたのだが、いつの間にか自分が付き合って観てあげている、が彼女の動機になっているらしい。逆転している。


 テレビをつけようとすると、Sさんから突然のメールが届く。
「もう会場ですか? 爬虫類のシルバー細工のお店があったら、それボクの友人です。ぜひ行ってくださいね!」
 すいません、私がいたのは昨日でした…日程を伝え損なっていましたかね。次にどこかの会場で見かけたら、必ず行きますので!


 日曜ながら仕事なので、手早く朝の用事を済ませてOCAへ。


 動物の飼育当番に来ていた学生のNさんと、何気ない会話から、人生設計の話になる。


 Nさんは、元々保護活動をしたくて学校に入学した。しかし、保護活動で給料をもらって生活する事は(不可能ではないけど)難しい。それを悟った彼女は、そこで夢を諦めずにすぐ方針を転換する。


 保護を職業とするのではなく、余暇を利用してボランティアで専念すると決め、そのために、雇用体系のしっかりとしたペットショップに就職を果たす(この春から働く)。とまあ、とにかく、そのへんの感覚が敏感な子なのだ。


 彼女いわく「一般職を選んでもよかったんでしょうけど、普段も動物に関わっているほうが、保護に関わる自分を客観的に見れると思いまして」という信念の元、いつまでに結婚してとか、旦那の年収はどれくらいとか、どこに引っ越して住みたいとか、先の先の分まで周到に計画を練っている。


 聞いていると途中で末恐ろしくなってくるぐらいに周到。用意周到な女性を見ると、男性は潜在的に恐怖を感じるとか感じないとか(笑)。


 そのかわり、ちょっと変わっている↓
f0266029_1118392.png

f0266029_11185784.png




056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-02-03 11:53 | いきもの

動物の専門学校で講師をしている川中です。日々の活動報告ブログ。since2013
by もののけ太郎
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

プロフィールはこちら。

ここは最新のブログです。
旧ブログ「つれづれつづれ」
は下のリンクからどうぞ。
http://ameblo.jp/tsureduretsudure/

ブログパーツ

最新の記事

2月25日、さかのぼり
at 2014-02-26 16:57
ギャラリートーク情報 & 2..
at 2014-02-21 07:55
一週間前
at 2014-02-18 00:17
2月は初日から濃厚
at 2014-02-03 11:53
モノノケ、そして点と線
at 2014-01-31 21:19

タグ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧