つれづれつづれ2

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧




モノノケ、そして点と線

f0266029_20592444.jpg

f0266029_20593935.jpg

モノノケ堂の不思議動物蒐集品(コレクション)
2月21日(金)〜3月18日(火)

GalleryCafe*Kirin*


////////////////////////


とある話題について、他の先生が教えていそうなテーマだったが、自分の授業に関係しているので話をした。


そうして、学生に「この話、他の授業で習った?」と聞く。


学生の返事は、「えーと…たぶん聞いてません」とか、「覚えてません」など。
(もちろん「覚えてます!」もいるが、それはそれで話が始まらないので横に置いておく)


話を進めているうちに、彼らの反応が“忘れていたつもり”から「ああ、それのことか!」とか、「思い出した、あの話だ!」へと変わっていく。


頭の中にリンクができて、知っていることを関連づけられるようになった瞬間。知識が「点」から「線」になること。これが「気付き」ということか。


勉強して自分に点を打つ。体験することで点が線になる。点の打ち方がまずければ、線を引くときに間違いに気付く。気付きという答え合わせ。




1月30日、しばらく前に某動物園を退官されたSさんが学校に来られ、偶然の再開。


とても引退されたとは思えない。外見、声、話す内容、全てにパワーが溢れておられる。


今でも生き物に関わり続ける生活を送り、活動もされているSさんの話を聞きながら、自分の中にも点が打たれたり線が引かれる。


線を引く間もなく点を打たれた、という感じが近いか。


今日は地元に戻られるということで、次に会う時に食事の約束をし、別れる。


Facebookの申請に「今日は若いパワーをもらいました、ありがとう!」と返信が。パワーを頂いたのは僕のほうです。




夜は「モノノケ堂の不思議動物蒐集品」展について、海洋堂の古田さんと梅田で会食。大阪駅前ビルの豚テキ系のお店は僕たち二人で制覇しつつあるのだが、今日はそのうちの新しいお店で。


フィギュアを作ること、生き物のこと。そしてマチカネワニのこと(未公開情報が多くて書けない)。


ここでもまた、点と線だ。


ふと、アーティストとは皆、線を使ってものを作っているんだろうな、と気付く。点を意識して作る人、点を無意識下に置く人、の違いはあるとして。


2月21日からの「モノノケ堂の不思議動物蒐集品」展では、ビバリウムガイド誌の「幻想ビバリウム」コーナーに登場した、古田さんが作った実在/幻想動物フィギュアのほとんどが、当時のまま展示される。


メールで送ってもらったリストを見ると、その数30体弱。その中には未公開品も含まれている様子。


にも関わらず大々的な宣伝がされていないのは、少数の人に時間をかけてゆったり楽しんでほしいから、という古田さんの思いがある。


会場のキャパシティもあるにはあるが、根本は古田さんのモノノケスタンスがそうさせているのだ。


最新号のビバリウムガイドにもイベント情報が掲載されたし、ギャラリーのサイトにも書かれているので、本当に行きたいという人にとっては、すでに情報は充分ではないだろうか。


詳しい中身はお楽しみということだが、その中身はそうとう凄いことになりそうな様子。


それはまた、書けるときに書くことにする。




056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-01-31 21:19 | おしらせ〜

1月26日

 今日何気なく、就職を控えた学生と喋っていた。


「そういや、お世話になるお店とはじめて接点ができたのはいつだったっけ?」

「接点ですか? お手伝いって形なら、去年の6月のイベントだったと思いますけど」


 初めて入った現場で、彼はうまく自分を売り込むことができた。それが功を奏した結果、就職につながっている。それは第三者の僕が改めて言わなくても、当事者の本人がいちばんわかっていることだ。


「けどほんとに、俺でいいの? って思ったこともありますよ」


 やりきった感もあるだろうし、それと同じくらい不安もあるだろう。誰だって人生の大きなターニングポイントにおいては、「選ばれし者の恍惚と不安我にあり」だと思う。いずれ働きだしたら彼も状況の一部になるわけで、その時は既にいいも悪いもないのだけど、若い彼が“今”そう思うのも当たり前のことだ。

「俺でよかったから、そうなったんじゃないのかな。タイミングと相性もあったと思うけど、まず『君』が『その場にいた』からだと思うけどね」

 私の返答は曖昧で的を射ない感じ。というのも、現実の社会では運ですら平等じゃないし、運が転がってきたところで、必ずそれが手に入るわけでもない。努力して運を手にする人もいれば、努力しなくても素質だけで運を手にする人もいる(それが“実力”と言われることもある)。努力しても、運に嫌われればそれまでだ。努力家が運のいい人を羨んでもどうしようもないし、その逆もまた無意味。結局のところ、自分を信じているかどうかだと思う。だからそういう返事になった。


 現場に出ても頑張ってほしい。いや、きっと大丈夫だ。いい仕事をしてくれ。


 タイミングとか運の話から、人と人との出会いの話になって、ひょんなことから僕とグランドマスター(ビバリウムガイド冨水さん)の接点についての話に。そういえば彼には詳しく話したことがなかったので、順を追って聞かせた。




その時の会話を思い返しつつ。


かれこれ10年になる。最近は、昔ほど、いろいろなことを教えてもらうことが少なくなった。
教えてもらえなくなった、と言うつもりはない。
「俺を見るより、自分を見ろ」と言っているのだと、思っている。


そういえば、自分を信じるには、自分を見ないといけないのだ。
どんな場面でもそうだが、自分をよく見せようとすると、
焦る。背伸びする。引け目を感じる。
自分が見えないから、想いや行動が自分の認識とズレて、
周囲の認識ともギャップが生まれるのである。
これでは一人相撲だ。


自分が見えているか。
そして信じれているか。
焦らずいきたい。



056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-01-26 23:08 | つぶやき

冥王羅仁亜

ここ掘れワンワンといえば、花咲か爺さん。犬が指示した場所を掘ると、善人にはザクザクと財宝が、悪人にはがらくたや物の怪が出てきたというお話です。


現代でも犬が穴を掘り始めれば、飼い主は何を掘っているのか気になるものでしょう。


これは、ついこの間の出来事です。散歩中にうちのわんこが飼い主に指示するでもなく、一人で穴を掘り出しました。彼女は飼い主に頼るより自分で掘った方が早い…と、思ったとか思わなかったとか。

f0266029_12475637.jpg


そこで私は、犬が自発的に穴を掘った場合は良いモノ、悪いモノどっちが出てくるのかな〜なんて、くだらないことを考えながら眺めつつ〜

桜の木に灰をまくと花が咲いた、っつーことは、やはり開花にはリン(P)分が必要だったのであろう、などと考えを脱線させていると、突然、


何かいたっ!! と、私の後ろのほうにロックオンするわんこ。

f0266029_12492781.jpg

(って、穴の中じゃないのかよ!)



慌てて犬の視線を追い、背後の草むらを振り返ってみると、


!?

f0266029_12524322.jpg



【続きはこちら】



056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-01-19 13:08 | おしらせ〜

環境省HPリンク

(学生向け)

授業で何度か外来生物法について話したので、その詳細な内容を確認できるリンクを載せておきます。法律を作っている環境省のサイトです。
この記事に書いたことは全て2014年1月12日現在の情報ですが、リンク先の情報は更新されることがあるかも知れません。


・環境省ホームページ→外来生物法の概要
「外来生物法について」
ここから全てリンクでたどり着けるのですが、念のため主要なページも以下に載せます。


・特定外来生物のリスト(最終更新日を確認すること!)
「特定外来生物等一覧」


・法律の全文や、予定されている改正内容などが見られるページ
「法律・政令・規則・告示、基本方針等」
↑基本的には、一度は外来生物法の各ページを全て読んでおくことをお勧めしますが、しょっちゅう全ページを読み返すのも難しいでしょうから、外来生物法のサイトトップと当該ページ(↑)をこまめにチェックするのが効率的でしょう。


ちなみに、外来生物法は平成25年6月に内容が一部改正され、改正から一年以内のどこかで施行される予定です(まだ施行されてはいない点に注意)。

その改正内容は、上のページの「改正の概要」と「新旧対照表」の二カ所を読むとわかりやすいと思います。時間があれば「法律全文」もいちど目を通しておきましょう。といっても、法律の専門家になるために全文を読んで覚えるべし、と言っているのではありません。自分の仕事や趣味に関係のあるところだけは、間違いのないように覚えておいてほしいという意味です。


法律は日々変化するものです(といっても実際に毎日変わるわけではない)が、「最終決定版」を政府のHPで確認するクセをつけておけば、未確認の情報に踊らされることは少なくなります。もちろん、最終決定を待っていては対応が後手後手になってしまう、現場などの場合はこの限りではないので、絶対そうしなきゃダメ! などというつもりはありませんが…。


特定外来生物に関しては、もう一つ最近の大きな話題があります。これに関しても、色んなところからたくさんの情報が入ってくるとは思いますが、信頼できる話なのか、そうでないのかを意識する気持ちを、忘れないでほしいと思います。(「ほんまか!?」と一度疑ってみるクセ…けっこう大事やで)


授業の補足なのでWeb上にわざわざ書かなくてもよかったかな? とも思ったのですが、公的機関の情報はいつでも見られる状態にしておいたほうが何かと都合がいいので、こうしています。



056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-01-12 17:49 | 授業など

骨と蛇 第四回&五回

一ヶ月分空けてしまいました。楽しみにされていた方には申し訳ありません(いないかも…)。


2014年の幕開けということで、初日の出にむりやり絡めて…、ベーレンパイソンが日の光を浴びる、すなわちバスキング中の写真を見ていただきましょう(かなりこじつけ感が。巳年はもう終わったし)。
f0266029_13491630.jpg

バスキングスポットは今のところ手をかざすとじんわり暑いくらい(数値は誤解を招くといけないので控えます)の温度にしていますが、それでも滞在時間は長く感じます。巨体なので、芯まで暖まるより前に体表を火傷してしまわないのか? そうなるかどうかは別として、もう少し温度を下げるべきか? 悩むところです。


さあ、2013年の11月末(第4回)と12月末(第5回)に測定した体重はこちら。
例によって「増体が必須」のワタクシの体重変化もおまけでお伝えします。
カッコ内()の数字は前月比です。

ベーレンパイソン"B"
11月末(第4回):6.4kg(-300g)

12月末(第5回):7.2kg(+800g)


第4回から第5回にかけて、つまり1ヶ月で体重が800g増えていました。3→4回で体重が300g減っていたので、それを補おうと12月は給餌量を増やしたのが要因かも知れません。800gともなればけっこうな重さという印象を受けるかもしれませんが、餌用のラット2匹分プラスアルファ(例えば、飲んだ水の分)と考えれば、それほどでもないとも言えます。しかしまあ、わからないことだらけです。

(今回は給餌のスケジュールの都合が付かなかったため、給餌して排泄する前に体重を計っていますので、単純に食べた量=体重に上乗せされた量、として書いています。食べたものが消化吸収されて身に付いた結果の体重変化、いわゆる餌料転換効率については触れていません)


で、おまけの私の体重変化。おまけのくせになかなかの難ミッションですこれが。

ワタクシ
11月末(第4回):61.6kg(-200g)

12月末(第5回):61.9kg(+300g)

なんとも微妙な変化です(笑)。ヘビとおんなじサイクルで増減しているのが笑える。
しかしなんと、今年は秋から年末までに一度もカゼをひかなかったんです。微妙ながらも増体効果が出ているのか…。年末年始は暴飲暴食したので、1月末はもう少し体重が増えているはず! というフラグを立てておいて、私の話はこれくらいに。


今回のまとめ画像はこちら。
f0266029_14255913.jpg



さて、4ヶ月以上にわたってベーレンパイソンの体重測定の模様を書いてきました。もちろん毎日の世話でやるべきことは体重測定だけではありませんし、ここで公開されているのは飼育のあくまで側面で、その反対側は試行錯誤の連続であります。しかしながら、かえって書くことと書かないことを水と油のように区別しすぎたせいで、体重だけ見せたところでやっている意図がわからないし、そもそも貴重なヘビなんだから他に伝えることがあるだろう、と何度か言われました。


言い訳がましいことを書きますと、そもそもこの題材をこういう形で公開することにしたのは、細かな見た目の変化をあまり感じることのない大型の爬虫類の暮らしぶりを、体重というわかりやすいものさしで感じることができればいいなと思ったからです。


しかし、体重が変わることの背景には、餌を食べたり食べなかったり…以外の要因もあったりしますので、そこに触れないことに意味があるとは言えません。現状では与えた餌の量も計ってはいますが、未公開にしています。今後はフォーカスを当てる範囲をできるだけ広げて(…乳化させつつ?)、つながりのある書き方で続けていきたいと思います。あらためまして、もうしばらくお付き合いいただけると幸いです。


それでは、本年もよろしくお願いいたします。



056.gif
[PR]



by tsuredure-2 | 2014-01-07 14:37 | いきもの

動物の専門学校で講師をしている川中です。日々の活動報告ブログ。since2013
by もののけ太郎
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

プロフィールはこちら。

ここは最新のブログです。
旧ブログ「つれづれつづれ」
は下のリンクからどうぞ。
http://ameblo.jp/tsureduretsudure/

ブログパーツ

最新の記事

2月25日、さかのぼり
at 2014-02-26 16:57
ギャラリートーク情報 & 2..
at 2014-02-21 07:55
一週間前
at 2014-02-18 00:17
2月は初日から濃厚
at 2014-02-03 11:53
モノノケ、そして点と線
at 2014-01-31 21:19

タグ

検索

ブログジャンル

画像一覧